【Kubernetes】kubectlコマンドをBash Completionで補完

Kubernetes

こんにちは!オオイシです。

kubectlコマンドのオプションの入力は面倒なのでbash completionで自動補完する方法について調べました。

Bash Completionとは

そもそも、Bash CompletionとはBashコマンドを補完する便利なソフトウェアです。

CentoOSやUbuntuなどでコマンドを途中まで入力してTabキーを押すとコマンドの候補を出してくれるのでは、Bash Completionのおかげです。

オオイシがよく使うgitコマンドもgit-completionを追加に設定して利用しています。

今回は、kubctlコマンドを補完する方法についてみていきましょう。

Bash Completionのインストール

まず、Bash Complationをインストールして、次に、kubectl completion bashコマンドから設定を追加していきます。

Mac OS:

Linux:

インストールできたことを確認

kubectl get 以降のオプションの候補を確認してみます。

タブを2回押してみましょう。

Helmコマンドを補完する

k8sのパッケージマネージャのHelmもコマンド補完を追加してみます。

Mac OS X:

Linux:

なお、Helmについてはこちらで詳しく解説しています。

これで、効率的に作業がはかどりますね!